バシ日記

バレーボールのセンターに関する情報を紹介しています。読んでくださる方の役に立つと幸いです。

【バレーボール】Aクイックの打てない理由と対策 センター必見

こんにちは。バシです。

今回はAクイックの打てない理由と対策について説明します。

Aクイックとは、速攻と呼ばれる攻撃の一つで、セッターがトスをしてからスパイクを打つまでの時間がとても短いです。Aクイックは速攻の中で最も簡単で、センターを始めたときに、最初に練習する攻撃です。Aクイックは入るタイミングや場所が難しく、コツをつかむまで、なかなか打てない攻撃です。自分も最初はAクイックを打てませんでした。試行錯誤をしていくうちに、Aクイックの打てない原因が2つあることに気づきました。今回はその2つのコツを記事をまとめています。

この記事を最後まだ読んでAクイックが少しでも打てるようになってください。

 

↓こんな人にこの記事を読んでもらいたいです。

センターをやっているがAクイックが合わない。

セッターをやっているがAクイックが合わない。

 

 

原因①Aクイックに入るのが遅い、タイミングがバラバラ

速攻が打てない理由の一つに、Aクイックに入るのが遅かったり、入るタイミングがバラバラであることがあげられます。

Aクイックに入るのが少し遅いと、その分トスを少し高くする必要があります。セッターにとって、少し高い速攻のトスを上げることは難しいことです。少し高いトスを上げようとすると、一定の高さにならず、バラバラの高さのトスになりやすいです。その結果、トスが安定せず、スパイクのミスにつながります。

入るタイミングがバラバラだと、タイミングが合ったときはスパイクを打つことができますが、ずれたときはスパイクがネットにかかったり、アウトになったりする原因になります。

対策 

毎回入るタイミングが一定になるように日頃から意識してください。1本目のレシーブが上がったら助走を開始し、セッターがボールを触る直前に飛ぶのがベストです。初心者は、毎回セッターがトスを上げる直前にジャンプすることを意識してください。レシーブは毎回高さが変わってくるので、レシーブを見てボールの高さを予想するとよいです。

速攻のタイミングを合わせやすくするために、4歩助走を2歩助走にすることも有効です。

 

原因②スパイクに入る位置が、ネットに近い・セッターから遠い

スパイクジャンプがネットに近すぎると、よいトスが上がっても、頭の真上で打つことになり、スパイクミスにつながります。この、頭の上でボールを打つことを、バレーボール用語で「かぶる」といいます。かぶると、スパイクのミスの増加や、ブロックをされることが増えます。

スパイクジャンプがセッターから遠いと、タイミングのずれにつながります。セッターも少し離れたところに速攻を上げることは難易度が高く、スパイクのミスが多くなります。

対策

Aクイックはセッターのすぐ近くでジャンプをします。セッターの近くで飛ぶことで、安定してAクイックを打つことができます。このときに、ネットから1mほど離れたところで、ジャンプすると、かぶらずに打つことができます。

 

まとめ

Aクイックで重要なのは、タイミングスパイクに入る位置です。Aクイックが苦手な人は、この2つを意識してみてください。

タイミングとスパイクに入る位置は自分では、できていると思っていても意外とできていないことがあります。スパイクをしているところを撮影して確認してみるという方法も有効です。

 

 このブログでは、センターに関する記事をほかにも上げているので、よかったら読んでみてください↓

www.blogbashi.com