バシ日記

バレーボールのセンターに関する情報を紹介しています。読んでくださる方の役に立つと幸いです。

【バレーボール】 速攻でブロックを利用する方法

こんにちは。バシです。

今回は、速攻を打つときにブロックを利用する方法を紹介していきます。

 

センター(ミドルブロッカー)が試合でスパイクを打つときには、ブロックがいつもいます。スパイクを決めるためには、ブロックを利用するか、ブロックをよけるかのどちらかになります。今回は、ブロックを利用してどのように点数をとるかを解説していきます

この記事を読めば、ブロックにつかまらずに、ブロックをうまく利用できるようになると思います。

↓ブロックのよけ方を書いた記事もあるので、こちらもぜひ読んでみてください。

www.blogbashi.com

 

方法は以下の3つになります。 

 ①ワンチを後ろに飛ばす

この方法は、相手のブロッカーにスパイクを当てて、ワンタッチをコートの後ろまで飛ばすという方法です。相手のブロックが完璧でこのまま打っても決まらないというときに使えます。

やり方

最も重要なことは、相手のブロッカーの指(指先)にボールを当てるということです。ブロッカーの腕や手の平に当てても、後ろに飛ばすことは難しくブロックされる確率が上がります。

スパイクを打つときに、ブロッカーが見えている人は、相手の指先に当てるイメージで打ってください。

スパイクを打つときに、ブロッカーが見えない人は、ボールを地面と平行に打つつもりでスパイクを打ってください。イメージとしては、サーブを打つようなイメージです。最初はうまくいかないかもしれませんが、何回も繰り返し練習をするうちにどれくらいの高さに打ったらいいかわかってくると思います。

②ワンチを横に飛ばす

この方法はとても難しいと思います。なぜかというと速攻はコートの真ん中から打つことが多く、横にはじくには距離があるからです。しかし、この方法ができるとぎりぎりのところで点数をもぎ取ることができるようになるので、やってみてほしいです。

やり方

この方法も相手のブロッカーに当てる場所が重要になってきます。ブロッカーの腕の外側に当てると、横に飛ばすことができます。

相手のブロッカーが2枚の時も、二人の外側のうでの外側を狙ってください。

腕の振り方や、手首のスナップの向きを変えることで腕の外側に打つことができます。

③リバウンドをもらう

この方法は、点数を取るという方法ではなく、もう一回攻撃をし直す方法です

どのようなときに使うかというと、セッターとのタイミングが合わないときトスがネットに近いときです。このようなときに、強く打っても、ブロックをされることが多いです。そこで、無理には攻めずにリバウンドをもらい、攻撃をし直すというやり方が有効になってきます。

やり方

ネットに近いときは、相手のブロックに向かってグーパンチかフェイントをします。このときに強く打つ必要はないです。グーパンチかフェイントをして相手のブロックが触ったボールを自分か味方が拾うことで、再び攻撃をすることができます。

 

まとめ

今回は、相手のブロックを利用する方法を説明してきました。相手のブロックにスパイクを当てて点数を取るという方法と、ブロックを利用してリバウンドをとるという方法です。これらのプレーができるようになると、プレーの幅が広がります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

このバシ日記では、センターに関する記事をほかにも上げています。

↓センターに関する記事をまとめてみました↓

www.blogbashi.com

 

↓良ければクリックお願いします。記事を書くモチベーションになります。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ
にほんブログ村