バシ日記

バレーボールのセンターに関する情報を紹介しています。読んでくださる方の役に立つと幸いです。

【バレーボール】ブロックのからの速攻への切り替えしの入り方 センター必見

こんにちは。バシです。

今回は、ブロックをした後に速攻に入るコツを紹介していきます。

 

ブロックをした後にうまく引けずに、速攻に入れないと困っている人はいませんか。確かに、ブロックをした後に、引いて、速攻にはいるのは難しいです。時間で考えると、とても短いです。自分も最初はうまくできずに悩んでいました。しかし、長年センターをやったことで、どうすれば間に合うかが分かってきました。この記事では、自分が考え、感じたことをまとめます。同じような悩みを抱えている人に役に立つ記事だと思います。

 ブロックは真上に飛ぶ

ブロックを真上に飛ぶことは大事です。ブロックを真上に飛ぶことで、ブロックの成功率が上がるだけではなく、切り替えも早くなります。逆に、ブロックを斜めに飛ぶと、着地でバランスを崩し、切り返しで攻撃ができなくなります。

コツは、ブロックステップの歩幅を広げて、ジャンプを真上に飛ぶことを意識してください。 

 

ボールを見ながら引く

ボールを見ながら引くことで、きれいにレシーブが返ったときに、速攻に入ることができます。ブロックをするときには、眼をつむらず、どのコースに打たれたかを把握します。ブロックをし終えて、降りてきているときに、打たれた方向に体を向けて、ボールの行き先をみます。そのまま、ボールを見ながら引いて、レシーブに合わせて速攻に入ります。

 

どこからでも助走に入れるようにする

ブロックをしてから、速攻に入るとき、時間はとても短いです。

そこで重要になってくるのが、どの角度からでも助走に入れることです。

日頃のスパイク練習から、いろいろな方法で助走に入るのがおススメです。

 

 

まとめ 

今回は、ブロックをしたあとに速攻に入る方法・コツを紹介してきました。役に立ったら幸いです。

 

バシ日記では、バレーボールに関する記事をほかにも書いているので読んでみてください。 

↓センターがブロックで意識することをまとめました↓

www.blogbashi.com